池江璃花子選手 『東京ディズニーランドずっと行きたかった大満足な1日』白血病で治療中の方にも励みになるし、応援しているみんなも嬉しいニュース!

今年のはじめに突然「白血病」を発症した水泳の池江璃花子選手
国民みんなが心配・応援している中、嬉しいニュースでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

* 昨日ディズニーランドに行きました🐭🏰 ずっと行きたかったので大満足の1日でした🌟 #tokyodisneyland

Rikako Ikeeさん(@ikee.rikako)がシェアした投稿 –

プロフィール

名前 池江 璃花子
出身 東京都江戸川区
泳法 自由形・バタフライ
生年月日 2000年7月4日

水泳は兄姉の影響で3歳から始め、5歳の時には自由形・平泳ぎ・背泳ぎ・バタフライを50m  泳げるようになっていた。

小学6年生の頃100mバタフライで通っていたスイミングスクールで「大人も含めた最速記録」を出し、未だに破られていない。

白血病の公表で

高校時代にも数々の記録を作ってきて、2019年日本大学のスポーツ科学部に入学前にオーストラリアでの合宿中に体調を崩し切り上げて帰国後に検査した結果「白血病」と診断され療養生活に専念

国民が東京オリンピックに向けてメダル候補として期待を寄せていた選手の「白血病」公表だったため、日本だけではなく、海外の選手たちからもたくさんのエールが寄せられていました。

公表後もツイッターなどで近況を綴っていた池江選手、そんな中治療中に19歳になったというツイッターもアップされました

 

白血病から復活した有名人

白血病の症状は様々で種類も子供から大人まで様々なようです。

かつては不治の病と言われていましたが、医学の進歩によって治癒可能な病気ともなっています。

俳優・・・渡辺謙さん(急性骨髄性白血病)

女優・・・吉井怜さん(急性骨髄性白血病)

元アナウンサー・・大塚範一さん(急性リンパ性白血病)

渡辺謙さんも池江選手にツイッターでエールを送っています。

渡辺は「池江璃花子さんのニュースを目にしました。僕も同じ病気を経験しました。何故今自分がと絶望感に苛まれているのではないかと思います。どんな状況かは分かりませんが、今の医学を信じ、自分の生命力を信じ、前を向いて焦らずにしっかり治療に専念して下さい。祈っています」とエールを送った。

渡辺は1989年、急性骨髄性白血病を発症したが復帰。その後、1994年に再発したが、1995年に復帰を果たした

マイナビニュースより引用

まとめ

4_確定版_池江選手直筆メッセージ_4.png

上記の直筆コメントは池江選手のHPに載せてありました。

そしてマスコミの皆様へのお願いも載せてありました。

2月に病気療養報告を発表してからHPやSNSを通じて近況を報告してまいりましたが、競技への復帰の時期につきましては現時点では明確にお伝えすることができませんが、これからも治療に専念して参ります。

入院以降一部メディアの皆さまから治療をサポートするご家族、水泳関係者、大学関係者、医療機関、その他の関係者への個別取材や待ち伏せ等の行為が続いております。止めていただくよう申し入れを行って参りましたが、ご対応いただけておりません。直接の取材行為は一切お控えお願いいたします。

池江璃花子選手のHPより引用

マスコミの方、いろいろ気になるのもわかりますが、待ち伏せなど恐怖に感じさせる行為はダメです。

池江選手、ファイト!!

最後まで読んでいただいてありがとうございます。